平塚市は、旧小田原藩の大久保家が統治 2021/11/06

江戸時代の神奈川県平塚市は、大久保彦左衛門の末裔の旧小田原藩が、統治。
その名残りが、
8DF1EED4-A81A-4B72-8BEF-813C5807D94D.jpeg
F932A027-4174-48E2-B7E7-8267DBE50ACA.png
B1FB6D4B-7A62-4337-B70A-50388487AE25.jpeg
バス停名に残っています。
その大久保公園の敷地内に「水天宮」が祭られており、
2221132F-1D68-484E-9BEF-0581047ABBEC.jpeg
富士山を型どった「お水取り」があります。
E469CEF1-96AA-42C9-B32E-037BE097109D.png
E353CA6E-C97D-4264-AFD5-BC7DFD9A56A0.jpeg

大久保家の家紋
164A4246-7202-41D2-BBDC-A1C80EB31C5A.jpeg
平塚の大久保公園と諏訪町

この土地の水天宮が、祭られている理由は、水。
証しとして、敷地の外の裏手には、
D6C28178-A156-40FF-A694-F9598987B411.jpeg
平塚金属工業株式会社があります。
D7C9F5B4-0F08-4EAE-81BE-7410AC1F22AC.jpeg
豊富な水が、必要なアルミピストン加工の旋盤加工を行なっています。

この記事へのコメント